部屋に入ってまず、ソファでトーク。本当に笑顔が気に入った。そして、彼女を引き寄せディープキスへ。程よく感じてきたところでお風呂場へ。ここでも湯船でいちゃいちゃ。
戻ってきて、仁王立ちの小生が彼女の頭を押さえつけイラマチオピストン。たまらず苦しそうな表情の彼女。「ちん*をはずしちゃダメ。ちゃんと咥えなさい」と叱ると、従う彼女。この従順さがいいので、今度は、彼女のやりたいやりかたでサービスしてもらうことに。全身舐めからだんだんと珍珍に近づく感覚は何とも言えない気持ちよさである。
今度は、ベッドで両手を拘束して頭の上にあげさせ、素股である。クリこすりがとっても感じるようで小生も雰囲気にのまれ大放出。
再び、風呂場で体を洗いながらいちゃいちゃ。そのまま、帰りのエレベータでもいちゃいちゃなのでサービス度合いは高いものがある。