二人して横になった瞬間、それまで抑えていた欲望が一気に爆発しました。

彼女を押さえつけてキスをしました。

舌をコジ入れて互いの足を絡ませて二転三転。

ベッドの上を転がりつつ情交を重ねました。

我慢汁に濡れた亀頭の先が彼女の太ももに押しつぶされる気持ちよさに今にも昇天しそうか快感が全身を貫きました。

それに更に刺激されて、責めまくりました。

乳房を鷲掴みにして乳首を吸い上げるようにして愛撫しました。

それと同時に乳房を代わる代わる揉みながら谷間に顔を埋めて、少しずつ腹部から下半身に向けて舌を這わせました。

そして彼女の脚を開いて御開帳。

キレイなその裂け目を押し開くようにしました。

そこは既にぐっしょりと濡れており、ひくひくと軽く痙攣しているようでした。

そこに舌を這わせ、下から上に向けて舐めあげるようにしてク〇ニを施しました。

そしてクリトリスを指でつまみ、それを舌の先で転がしました。

それとシンクロして彼女の喘ぎ声が高まって、腰を突き出してきました。

そこで私の息子も破裂寸前になったので、そこに我が息子を挟んでの素股で発射しました。

元気で話しも上手でサービス満点でした

また是非利用したいと思います。